/

「ウクライナ危機、個人投資家はどう向き合うべきか」

マネーの世界 教えて高井さん

ロシアによるウクライナ侵攻でマーケットは大揺れとなっています。原油、食品などの商品相場高騰はインフレ圧力を高め、「戦地」となった欧州の株式や通貨は急落しています。世界的な連鎖株安で米国や日本の株価の調整も深まり、痛手を被っている個人投資家も多いでしょう。

ウクライナ危機は先が見通せない、マーケットにとって消化が難しい類いのリスクです。悲観と楽観が交錯し、強制的な損失確定売りやそれを見越した投機などマネーの流れも乱れます。先進国がロシアに課す経済制裁というファクターも不透明感を一層強め、株式相場の揺れも大きくなりやすい局面です。

世界的な物価高や「新冷戦」とも言われる新たな不確実性の時代に、個人投資家はどう向き合えば良いのか。ベテラン記者の「高井さん」が解説します。

週末に「教えて高井さん」や「なるほどポンッ!」など新しい動画を公開します。
YouTubeチャンネルでは通常の動画のほか、ライブ対談やイベント、インタビューのアーカイブも公開中。
記事やYouTubeの情報を「マネーのまなび」のツイッターでお知らせします。

YouTubeチャンネルのリンク
https://www.youtube.com/channel/UCaD-0G5ElWKkHZZBIe4JH6w/

「マネーのまなび」ツイッター
https://twitter.com/nikkei_manebi

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

難しげな専門用語が多く、とっつきにくい経済や金融の世界。ベテラン記者の「高井さん」が勘所をかみ砕いてスッキリ解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン