/

この記事は会員限定です

好球必打に徹し…西武・栗山、振らない打者の金字塔

編集委員 篠山正幸

[有料会員限定]

遅咲きというのでもなければ、特別早いわけでもない。記録に要した2041という試合数も、まずは平均的なところだ。だが、西武の20年目、栗山巧(38)が達成した通算2000安打の記録には何事も突き詰めれば、やがて非凡となる、という一つの真理が秘められている。

38度目の誕生日のあくる日の9月4日。楽天戦でその安打は生まれた。九回の打席で牧田和久から左前打。史上54人目の記録達成の瞬間だった。スクリー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン