/

この記事は会員限定です

再構築、頑健性・効率性両立を 揺らぐサプライチェーン

伊藤恵子・千葉大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○需給両面で海外発ショックに脆弱化進む
○サプライヤーが多様なほど供給網は頑健
○無理な国内回帰推進は効率性損なう恐れ

2001年に中国が世界貿易機関(WTO)に加盟して以降、世界貿易は急拡大し、グローバルサプライチェーン(国際供給網、GSC)が構築されてきた。その中心となった中国から発生した新型コロナによる供給ショックは国境を越えて広がり増幅し、GSCの脆弱性を浮き彫りにした。

経済ショック...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2611文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません