/

この記事は会員限定です

後絶たぬ品質・データ偽装 企業風土の改革が不可欠

デンシバSpotlight

[有料会員限定]

三菱電機で鉄道車両向け部品の検査不正が明らかになりました。品質・データ偽装は2015~18年にかけて相次ぎ、一時は収まったように見えましたが、産業界全体としてまだまだ断ち切れていないようです。背景に何があるのでしょうか。

「三菱電機の不祥事は氷山の一角。一切、品質不正がないと自信を持って言い切れる企業はないのではないか」。品質不正に詳しいプロアクト法律事務所の竹内朗弁護士は製造現場はどこでも品質不正のリス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2809文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン