/

この記事は会員限定です

米国、東南ア向けの経済戦略を リン・クオック氏

英国際戦略研究所アジア安全保障会議シニアフェロー

[有料会員限定]

米国のオースティン国防長官が7月、シンガポールとベトナム、フィリピンを訪問した。バイデン米政権が1月に発足して以来、主要閣僚として初めての東南アジア歴訪は注目を集めた。

歴訪の最大の成果は、フィリピンと結ぶ「訪問軍地位協定(VFA)」の存続で合意したことだ。米軍のフィリピンでの法的地位を定めるVFAについて、ドゥテルテ大統領は破棄を表明したが、実行は留保していた。また、シンガポールで演説したオース...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン