/

この記事は会員限定です

ゾンビ対策、雇用回復が先決 経済の新陳代謝どう進める

ジョセフ・ギャノン ピーターソン国際経済研究所シニアフェロー

[有料会員限定]
ポイント
○先進国経済はゾンビ企業の延命許す環境
○まずは4%賃上げなどで経済活性化急げ
○経済弱い状況でゾンビ企業の破綻避けよ

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は、ゾンビ企業に改めて注意を向けさせる結果となった。これは日本だけでなく世界的な現象だ。潤沢な融資、それも多くが政府の支援を受けて、赤字を垂れ流す企業が生き延びている。

だがゾンビ企業が健全な企業の資源を消耗させ景気回復を遅らせて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン