/

この記事は会員限定です

企業、値上げ・賃上げで対応を 円安に揺れる日本経済

戸村肇・早稲田大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○物価目標達成まで日銀の緩和継続は妥当
○賃上げへ労使の協調や政府の関与も必要
○円安と悪性インフレのスパイラルに注意

円相場が1ドル=130円を超え、約20年ぶりの円安水準となった。コロナ禍でのサプライチェーン(供給網)の寸断やロシアのウクライナ侵攻による世界的な1次産品・素材不足と相まって、日本企業からは「悪い円安」による原材料の輸入価格高騰を懸念する声も聞かれる。今のところ日銀は金融緩和...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン