/

この記事は会員限定です

難病と向き合う学長に学ぶ 人とデジタルの融和3条件

本社コメンテーター 村山恵一

[有料会員限定]

独特の長髪がトレードマーク。日本のIT(情報技術)教育の先頭を歩んできたデジタルハリウッド大学の杉山知之学長がALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断された。体を動かしたり、呼吸したりする力が徐々に弱まる難病だ。

「やれるところまでやってみよう」。移動は車椅子になったが、ビデオ会議や音声入力を使い仕事を続ける。講義だってあきらめない。全身をスキャンし、声のデータも保存。アバター(分身)となって教壇に立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1947文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

村山 恵一

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン