/

この記事は会員限定です

自民に世代交代のうねり 総裁選「派閥一任」崩れる

編集委員 清水 真人

[有料会員限定]

自民党には年功序列でピラミッド型の派閥の縦割り秩序が根強く残る。半面、超派閥の新世代の突き上げが党を活性化してきた歴史もある。因果は巡る。15年前に「脱派閥と世代交代」を旗印に台頭した首相の菅義偉が退陣に追い込まれ、後継選びの総裁選で新たなうねりが生まれつつある。「魔の3回生」とくくられがちな若手議員らが、「派閥一任」を拒否し、党改革を掲げて動き出した。

青年局「ルール通りの総裁選を」

突然の衆院...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2893文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン