/

この記事は会員限定です

故・益川敏英さん(ノーベル物理学賞受賞者) モノ言う科学者貫く

追想録

[有料会員限定]

素粒子クォークが6種類あることを予言するなど理論物理学に足跡を残した。平和運動をはじめ政治・社会問題にも積極的に発言した人だった。ノーベル賞講演では「自国が引き起こした悲惨で無謀な戦争」に言及。幼少期に空襲で自宅が焼夷(しょうい)弾の直撃を受けた経験を語った。

2015年に長崎市で開いたパグウォッシュ会議世界大会では、ノーベル賞を同じ年に受賞した下村脩さんらと登壇して平和の大切さを訴えた。「九条科...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り306文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

著名人のありし日を偲ぶコラム「追想録」の記事サイトです。故人の人となりや業績、逸話などを経験豊富な日経の編集委員や記者が振り返ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン