/

この記事は会員限定です

突然決まる?日銀の政策修正 長期金利操作が生む疑念

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

今の日銀は金融引き締め方向の政策修正のサインを事前に送ることが難しく、サプライズ的に決める――。市場で根強い見方だ。長期金利を操作する現在の政策は、事前に修正を示唆すればすぐに金利上昇圧力がかかり、想定より早い政策変更に追い込まれかねないからだ。今後円安が再び進む局面では、日銀がいくら否定しても疑心暗鬼に陥る投資家の間で政策修正の思惑が改めて広がる可能性がある。

一般的に、中央銀行が引き締め方向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1053文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン