/

この記事は会員限定です

米クアルコム、車の5G特許で独自契約も 幹部に聞く

ライセンス事業部門統括 ジョン・ハン氏インタビュー

[有料会員限定]

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」に使われる高速無線通信の標準規格に必須の特許を多く持つ米クアルコム。このほど同社も参加する米特許プールが、現行の通信規格「LTE(4G)」について日本の自動車各社と特許使用契約を結んだ。今後は高速通信規格「5G」を巡る交渉が注目される。同社の特許戦略についてライセンス事業部門を統括するシニアバイスプレジデントのジョン・ハン氏に聞いた。

――クアルコムは4G...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン