/

この記事は会員限定です

[社説]医療改革の推進力を欠く診療報酬改定

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによって露呈した医療体制の課題を解決するにはまったく力不足だ。厚生労働省がまとめた2022年4月の診療報酬改定のことである。

医療機関に支払われる診療報酬は22年度から、医師の人件費などにあたる本体部分を0.43%引き上げる一方、薬の価格などにあたる薬価部分を1.37%引き下げることが決まっている。

これに基づき、中央社会保険医療協議会(中医協)が9日、保険が適用される診療行為...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン