/

この記事は会員限定です

地方はデジタル化で目指す姿を 前田栄治氏

ちばぎん総合研究所社長

[有料会員限定]

政府は新しい資本主義の実行計画を発表し、「デジタル田園都市国家構想」を重要な柱の一つとした。そこでは地方の社会課題を障害物ではなく、新たな成長のエネルギー源と捉えている。

筆者の勤務する千葉県は都市と地方の双方を有する日本の縮図とされる。県の東・南部は東京に近いとはいえ、少子高齢化や過疎化に伴う多くの課題を抱えている。

しかし農林水産業の担い手不足や高齢者の移動困難、相次ぐ自然災害や医療資源不足...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン