/

この記事は会員限定です

農産物インフレ、出口見えず 食料危機の行方

柴田明夫 資源・食糧問題研究所代表

[有料会員限定]
ポイント
〇1次産品市場に投機資金流入し価格高騰
〇中国は備蓄を積み上げ食料援助も視野に
〇ロシアに依存する肥料原料調達にも懸念

原油や穀物などの1次産品は、価格が大幅に変動しても需要・供給量ともに直ちに柔軟な変化ができないという特徴がある。それゆえ、わずかな需給バランスの崩れに対し価格が大幅に変動することから、投機の対象となる。1次産品が国際市況商品(コモディティー)といわれるゆえんだ。

ロシアによる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2646文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン