/

この記事は会員限定です

東京湾海底「羽田トンネル」更新のカギは 老朽化進む

点照

[有料会員限定]

東京湾を横断する「羽田トンネル」。1964年の東京オリンピックに向けて同年8月に開通した全長300メートルの首都高速道路のトンネルだ。道路の海底トンネルとしては国内で2番目に古い。

先日、トンネル内の上部に設けられた高さ1.2メートルの空間の内部を見学した。剝離したコンクリートや腐食した鉄筋を補修した跡が至る所にある。排水樋(とい)を設置しているとはいえ、1分間に10リットルもの海水を含んだ水が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り773文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン