/

この記事は会員限定です

オリビアさん死去 日本人の心なぐさめた洋楽スター

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

8日に亡くなったオリビア・ニュートン・ジョンさんは1970年代後半から、日本でも広く親しまれた洋楽のスターだった。ビートルズ、カーペンターズ、ビージーズ、サイモン&ガーファンクル、アバと並んで、お茶の間レベルまで浸透していた。杏里のヒット曲「オリビアを聴きながら」(78年、尾崎亜美・作詞作曲)は、オリビアさんが「淋(さみ)しい心なぐさめてくれる」と歌った。多くの日本人の心をなぐさめてくれた歌手だった。

「そよ風の誘惑(ハブ・ユー・ネバー・ビーン・メロウ)」(75年)や「カントリー・ロード(故郷へ帰りたい)」(76年)などを歌うオリビアさんの清らかな声は、当時の一般的な日本人が抱いていた欧米のお嬢さまのイメージそのもので、明るく、健康的で、しかも知的だった。

オリビアさんの母は54年にノーベル物理学賞を受賞したマックス・ボルンの娘だ。ボルンは量子力学の創始者の一人で、物理学者のアインシュタインと親友だった。母が幼い頃、アインシュタインが頻繁に家を訪れ、ボルンの弾くピアノに合わせてバイオリンを弾いたという。

父はウェールズ出身でケンブリッジ大学に学び、ドイツ語を完璧にマスターしたため、英国空軍中佐になり、後に空軍の情報部員になった。第2次世界大戦では、ナチスドイツの暗号を解読するエニグマ計画に関わったとオリビアさんが「オリビア・ニュートン・ジョン自伝」で明かしている。自伝によれば、オリビアさんの美声は「バス・バリトンの素敵な歌声の持ち主だった」という父から受け継いだようだ。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン