/

この記事は会員限定です

混雑回避、「抽選一括方式」で コロナに経済学の知見

栗野盛光・慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○ワクチン予約などの先着順方式は弊害大
○予約の過度なスピード競争を弱める必要
○需給に応じた柔軟な予約システム運用を

コロナ対策として、3密(密閉、密集、密接)の空間で生じる混雑を避けることの重要性が強調されている。そのための政策は緊急事態宣言での休業要請などが主だが、混雑を制御する制度も導入して経済活動を支えることも重要だ。予約システムはそうした制度の一つだ。本稿では、マーケットデザインの観...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン