/

この記事は会員限定です

国際合意、投資・成長に好影響 転機迎えた法人減税競争

パスカル・サンタマン OECD租税政策・税務行政センター局長

[有料会員限定]
ポイント
○多国籍企業の課税逃れへの対抗は継続中
○適正な課税や国際最低税率が議論の柱に
○国際合意決裂なら世界GDP1%喪失も

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)が始まって以来、多くの国の政府が緊急措置、長期的措置を含め様々な税制政策を導入してきた。世界的な健康危機の深刻化に伴う経済危機に対応するためだ。

経済協力開発機構(OECD)は2021年4月、「税制改革2021 COVID-19パン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2627文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン