/

この記事は会員限定です

再エネ主力化へ競争公正に 検証・電力システム改革

高橋洋・都留文科大学教授

[有料会員限定]
ポイント
〇自由化後も市場メカニズムの機能不十分
〇欧州は再エネに親和的な制度改正で成功
〇集中型電源依存や独占体制からの脱却を

電力システム改革の検証に当たり、その定義を確認しておきたい。それは、独占市場を開放して競争を促す自由化にとどまらず、太陽光や風力といった変動性再生可能エネルギーを主力とするシステムへの構造改革を指す。再エネの重要性を認めず、自由化に限定する論者もいるが、それなら電力自由化と呼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン