/

この記事は会員限定です

生誕100年、朝倉摂展 知られざる日本画家時代に光

[有料会員限定]

舞台美術家として広く知られる朝倉摂(1922~2014年)。没後に残された初期の日本画などの調査・研究が近年進み、多ジャンルにわたった活動の全容がわかってきた。初の本格的な回顧展から浮かび上がるのは、戦後社会との接点を探り続けた芸術家の姿だ。

「過去を振り返るのは大嫌い!」。娘の富沢亜古さんによれば、それが朝倉の口ぐせだった。

彫刻家・朝倉文夫の長女としていまの東京都台東区谷中に生まれ、17歳か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン