/

この記事は会員限定です

混迷の時代、経営思想の確立を 山本真司氏

立命館大学大学院教授(経営戦略)

[有料会員限定]

米経営者団体ビジネス・ラウンドテーブルが2019年に出した「企業の目的に関する声明」でのステークホルダー(利害関係者)資本主義宣言から、ESG(環境・社会・企業統治)ブーム、新型コロナウイルス禍、そしてウクライナ危機を経て企業経営に関する考え方は大きく揺らいでいる。

社会貢献至上主義的な過激なESG論、資本主義と成長の放棄論から、グリーンウォッシング(見せかけの環境対策)にみられる利益至上主義的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン