/

この記事は会員限定です

制裁で深まる中ロ経済の絆 日本に共同で圧力も

Global Economics Trends 編集委員 太田康夫

[有料会員限定]

欧米から経済制裁を受けているロシアと中国が、経済関係を強めている。制裁によって縮小する欧米との取引を補うのが狙いで、対象はエネルギー、武器、金融などに広がりを見せている。人権や民主主義に対する考え方の違いが背景にあり、国際経済の分断が深まる公算が大きい。ロシアのウクライナへの侵攻を受けて米国のバイデン大統領は対ロ制裁の強化を主導しているが、その影響は中ロと地理的に近い欧州や日本により重くのしかか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン