/

この記事は会員限定です

単元株制度を廃止しよう 投資の敷居下げる第一歩

一目均衡 編集委員 川崎健

[有料会員限定]

個人投資家の間で今、日本株のある売買制度が投資を妨げる大きな障害として強く認識されるようになっている。100株単位で株を売買する「単元株制度」のことだ。

「なじみがあるユニクロ(ファーストリテイリング)や任天堂の株を買おうと思ったが、数百万円もいる。機関投資家のための市場なんだと腹が立った」。都内に住む30代のサラリーマンは、経済を勉強しようと投資を思い立った大学生のときにこう感じた。「単元株制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3472文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン