/

この記事は会員限定です

海外大学と遠隔授業交流 グローバル教育の幅広がる

曄道佳明・上智大学学長

[有料会員限定]

オンラインによる大学の国際授業交流が活発化してきた。上智大学の曄道(てるみち)佳明学長は、学びと教育の自由度が格段に高まりグローバル教育の幅が広がると指摘する。

大学の遠隔授業の発展が新型コロナウイルス禍で余儀なくされた展開だったことは否めない。この1年間に授業の方法や効果について、学生からは一定の評価を得た。その効果を案じていた教員も学生の理解度や質疑への参加促進など多くの利点に気づき、一層...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2188文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン