/

この記事は会員限定です

中国の古典「易経」に学ぶ農業経営の指針

日本農業法人協会会長 山田敏之さん(リーダーの本棚)

[有料会員限定]

農業法人を設立し、事業を大きくする過程で様々な本を手にとった

中国の古典から教えられることがたびたびあります。いま一番はまっているのは、古代の書『易経』をわかりやすく訳した『超訳 易経 陰』と『超訳 易経 陽』です。人生の流れはまるで月の満ち欠けのようなもの。まん丸のときもあれば、ゼロになるときもある。その時々にどんなことに注意したらいいかを学びました。

栽培しているネギが数年前に台風で被害を受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1802文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン