/

この記事は会員限定です

2021年の演劇 公共劇場の舵取り、芸能の継承に課題

[有料会員限定]

新型コロナ禍の苦難が続く演劇人に、ショックを与える事態が起きた。兵庫県の伊丹市立演劇ホール「アイホール」が戯曲講座などの自主事業を廃止する方針を固めたのだ。財政難とはいえ、公共劇場に貸し館転換が広がることが懸念される。

公共劇場の舵(かじ)取りが難しさを増す中、芸術監督の世代交代が進む。神奈川芸術劇場で長塚圭史、彩の国さいたま芸術劇場で近藤良平の就任が決まった。かつて劇作家の山崎正和が「ハードか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン