/

この記事は会員限定です

社員に博士号を取らせる利点 野村恭彦氏

Slow Innovation代表

[有料会員限定]

メルカリが社員の博士号取得を支援する制度を導入し、学費を年間200万円まで補助するという報道を目にした。優秀な社員の離職防止というだけではなく、この制度には企業戦略上のもっと深い意味があるのだろう。

私自身、メーカーに勤務していた時代に会社のお金で博士号にチャレンジさせてもらった経験がある。当時、私は研究所から本社に移り、充実した毎日を過ごす一方でモヤモヤとした思いを抱いていた。研究所の所属では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り877文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン