/

この記事は会員限定です

サステナブル金融、情報開示基準集約へ 新団体2氏に聞く

[有料会員限定]

企業の環境・社会問題への取り組みを投資や与信に反映させるサステナブル金融の分野で、乱立気味の情報開示基準が集約される兆しが出てきた。米英の代表的なルール設定団体は1日、価値報告財団(VRF)を共同で設立。近く本格的に始動する。VRFの運営にたずさわる2氏に、活動方針を聞いた。

ジャニーン・ギリアト SASB(米サステナビリティ会計基準審議会)最高責任者、VRF最高責任者

――新組織の目指すものは何...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン