/

この記事は会員限定です

マルチブランド管理、企業業績に直結

若林直樹・京大教授

[有料会員限定]
ポイント
○マルチブランドの体系的な管理が重要に
○経営資源と捉え経営課題につなげる必要
○複数あるそれぞれの価値と関係を見直す

今日、多くの企業が自社開発や買収を通じて複数のブランドを保有、展開するというマルチブランド戦略をとっている。例えばホテルのマリオットが世界で30ブランドを有するように、国際的ホテルチェーンは顧客拡大のためにブランドを拡張していることはよく知られている。

近年、複数のブランド保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2522文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン