/

この記事は会員限定です

地域の深掘り、生き残り左右 地域金融の行方

野崎浩成・東洋大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○低収益に構造的背景、再編では解消せず
○過度なリスク回避で地域への関与を放棄
○脱炭素対応を迫られる地元経済圏支えよ

地方銀行の経営環境に厳しさが増すなか、再編を巡る動きが活発化している。地域金融の先行きを見通す前に、再編の必要性を論じる根拠を整理しておこう。

そもそもオーバーバンキングと表現されるほど日本の銀行は多くない。2021年9月末の銀行数は米国の4301行(預金取扱金融機関は491...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2632文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン