/

この記事は会員限定です

連立枠組み、EUの命運左右 ドイツ総選挙後の欧州

クレア・デメスメ フンボルト大学研究員

[有料会員限定]
ポイント
○気候変動対策が連立実現へ最大の課題に
○連立参加政党は欧州統合の深化に前向き
○債務相互負担や対中政策は各党で隔たり

ドイツでは9月下旬に総選挙が実施され、歴史の新しいページが開かれた。在位16年を数えるメルケル独首相の政界引退に伴い、後継者が選出されることになる。誰が就任するかによりドイツひいては欧州の未来は大きく変わるだろう。

選挙から2週間過ぎた今も次期首相は決まっていない。選挙では、中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2626文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン