/

この記事は会員限定です

九州産業大学、フォークしまえる「曲げわっぱ」弁当箱

キャンパス発この一品

[有料会員限定]

九州産業大学は木工品の製造を手掛けるイマムラ・スマイル・コーポレーション(福岡県久留米市)と共同で、楕円形の蓋にフォークをしまえる木製の弁当箱を開発した。日本各地の伝統工芸品である「曲げわっぱ」のデザインを採用。収納の機能を加えることで、便利さを重視する社会人の需要にも対応する。

考案したのは芸術学部の青木幹太教授のプロジェクト。1年生から3年生の11人の学生らが、九州産の杉材を活用した製品をど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り409文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン