/

この記事は会員限定です

グローバリズム衰退と世界の危機 岩田一政氏

日本経済研究センター理事長

[有料会員限定]

世界金融危機や米中対立、新型コロナウイルスの感染拡大、そしてウクライナ戦争を経る中で、グローバリズムはピークアウトした。世界の供給網は生産拠点を国外に移す「オフショアリング」から、国内回帰の「リショアリング」、友好国や近隣国での立地を重視する「フレンドショアリング」「ニアショアリング」の時代に入った。

米国は欧州連合(EU)とは「貿易技術評議会(TTC)」、アジア太平洋諸国とは「インド太平洋経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません