/

この記事は会員限定です

フィリピン、対米重視を鮮明に R・ヘイダリアン氏

コラムニスト・作家

[有料会員限定]

フィリピンのマルコス大統領は7月25日の就任後初となる所信表明演説で、「自分が大統領の間は領土を1平方インチたりとも外国勢力に手渡すつもりはない」と宣言した。南シナ海での中国との領有権争いを指したのは明らかだ。

マルコス氏はここ数カ月間、中国に対して厳しい姿勢を示している。南シナ海の領有権が争われるたびに「断固たる姿勢をとる」と約束している。この立場は、ドゥテルテ前大統領の中国に対する従属的な姿...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1514文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン