/

この記事は会員限定です

コロナ後も在宅勤務は根付くか 生産性の維持向上カギに

Global Economics Trends 編集委員 太田康夫

[有料会員限定]

Global Economics Trends

世界的な関心を集める経済学の最前線の動きやトピックを紹介します。

欧米で新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)後の勤務形態として、オフィスなどへの出勤と在宅勤務を組み合わせるハイブリッド勤務が模索されている。雇用主には従業員のオフィスへの完全復帰を求める動きもあるが、従業員には完全復帰への抵抗が根強い。従業員の幸福度の向上や子育て、有能な人材確保、生産性向上などの観点から、3日出勤、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5283文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン