/

この記事は会員限定です

国連食料システムサミット 食のルール作りの場になるか

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

国連は9月に世界各国の首脳を集めて「食料システムサミット」を米ニューヨークで開く。農業と食料は飢餓の撲滅などを掲げた国連の持続可能な開発目標(SDGs)を達成する上で避けて通れない課題だが、「食料システム」は「日本の食品産業の将来にとって極めて重要な課題になる」とオランダに本拠を置く総合化学メーカー、ロイヤルDSMの日本法人の丸山和則社長は話す。

――「食料システム」は聞き慣れない言葉です。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1686文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン