/

この記事は会員限定です

澤井信一郎監督逝く 混沌の時代に「映画」の輪郭示す

[有料会員限定]

柔和で気さくな映画的教養にあふれる紳士で、話を聞くときは自然とこちらも背筋が伸びた。3日に世を去った澤井信一郎監督。撮影所システムが完全に崩壊し「映画」の輪郭が揺らいだ1980~90年代という混沌の時代に「野菊の墓」「Wの悲劇」から「時雨の記」まで、これぞ映画だと得心させる作品を撮り続けた。

東映東京撮影所で助監督を20年も務め、マキノ雅弘をはじめとする多くの監督から実地で映画を学んだ。そんな生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン