/

この記事は会員限定です

捕手、見えない仕事の尊さ 甲斐がみせた黒子の底力

千里眼 野球 山下大輔

[有料会員限定]

内野手の経験しかない私が、捕手の魅力を知ったのは2年前。東京六大学野球の60歳以上のOB戦で、本職の捕手が膝を悪くしてしゃがめなくなり、私が慶大のマスクをかぶった。

立ち上がりのピンチ。投手の投げ急ぎを見て取った私は、野手に指示するなど投球間の間合いを取った。すると立ち直って早大を完封。捕手って面白いな――。

そんな捕手の力を、究極のレベルで見せてくれたのが甲斐拓也(ソフトバンク)。決勝の米国戦。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン