/

この記事は会員限定です

先入観にとらわれない 柴田文江さん

先輩に聞く 温かみ映すデザイン造形

[有料会員限定]

日用雑貨からカプセルホテルまで。デザインスタジオエス(東京・目黒)代表で、日本を代表するプロダクトデザイナーの柴田文江さんの元には多くの業界からオファーが舞い込む。社会に役立つデザインを追求して30年余り。手掛けた作品はどれも温かく優しい。その根底には既成概念にとらわれず、モノ自体の本質に迫る発想力がある。

大学卒業後、東芝のデザインセンターに就職したが、3年ほどで独立した。

病気で入院したのがきっか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1264文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン