/

この記事は会員限定です

夫亡き後の年金、増やす方法 長く働き繰り下げを工夫

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「夫の死亡時、妻が遺族年金の少なさに驚くケースは多い」。社会保険労務士の高橋義憲氏はそう話す。遺族年金の受給対象は亡くなった人に生計を維持されていた遺族。原則18歳までの子がいる場合に受けられる遺族基礎年金と、老齢厚生年金の受給権者が亡くなった場合などに受けられる遺族厚生年金がある。遺族年金と妻自身の年金の合計額を増やす方策を知り、賢く備えたい。

妻の働き方が金額を左右

夫の老齢厚生年金が年12...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1639文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン