/

この記事は会員限定です

東工大、田町キャンパス再開発 大学債を検討

イノベーション創出へ教育研究基盤に投資

[有料会員限定]

東京工業大学が教育研究と経営の基盤を整える。田町キャンパス(東京・港)を再開発し、大型の産学連携拠点を築く。開発事業者から事業収入(賃料)を得るほか、大学債の発行も検討する。田町を含む3つのキャンパスの連携を通じて、世界水準のイノベーションを創出する。

大型のインキュベーション施設も

東工大は2月、NTTUD・鹿島・JR東日本・東急不動産グループと土地活用に関する事業協定を結んだ。文部科学相の認可を得て遊休地の貸し付けが可能に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1539文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン