/

この記事は会員限定です

[社説]秩序なきテロの時代をどう生きる

[有料会員限定]

米国の中枢を国際テロ組織アルカイダが襲った同時テロから、11日でちょうど20年。燃え上がる世界貿易センターや米国防総省ビルの映像は米国民のみならず、全世界を震撼(しんかん)させた。

冷戦に勝利し、無敵の超大国と思われていた米国ですら、テロの脅威には無力だった。この事実は安全保障の概念を一変させた。何がテロを引き起こすのか。民族や宗教による対立、経済格差がもたらす妬み……。さまざまな要因が指摘される...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1517文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アフガン情勢

アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが首都カブールを制圧し、大統領府を掌握しました。米国は2001年の米同時テロをきっかけにいったんはタリバンを打倒しましたが、テロとの戦いは振り出しに戻りました。アフガニスタン情勢を巡る最新の記事をこちらでお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン