/

この記事は会員限定です

「国民投票法改正」が打つ立民・共産共闘へのくさび

編集委員 大石格

[有料会員限定]

憲法改正の手続きを定めた国民投票法の改正問題がようやく決着した。衆院憲法審査会は6日、国民投票法改正案を可決。自民・立憲民主両党は6月16日が会期末の今国会で成立させることで合意し、今国会での成立にめどが立った。改憲をめざす自民党は「一歩前進」(岸田文雄元外相)と勢いづいているが、このタイミングで決着させたのには、もうひとつ狙いがある。今年秋までにある衆院選をにらみ、立憲民主党と共産党の憲法観の食...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1939文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン