/

この記事は会員限定です

カップ麺に多様性、ヴィーガンやハラルに対応

[有料会員限定]

ラーメンは誰もが親しむ国民食。特に手軽な即席麺は1人が年間50食近くを食べるという。海外でも人気が高い。ところが実際には宗教や思想、アレルギーなどを理由に食べられない人も多い。そんな中、「世界中の人がテーブルを囲んで一緒に食べられる」をコンセプトにしたカップ麺が注目を集めている。日本の味にこだわりつつ、ヴィーガンやハラルに対応。新たな市場を作りだす。

味は3種類

シンガポールに拠点を置くグリット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません