/

この記事は会員限定です

がん細胞を光らせ切除 高知大学光線医療センター

UPDATE知の現場

[有料会員限定]

2017年に設立した高知大学医学部光線医療センターは、レーザー光を当ててがん細胞を光らせ効率よく切除する治療法を実用化している。がんを確実に発光させる技術の開発や機器の改良、副作用の軽減など安全性の向上を目指す研究にも取り組む。

天然アミノ酸の一種「5―アミノレブリン酸(5-ALA)」を服用した患者のがんにレーザー光を照射すると、がん細胞内に蓄積された蛍光物質が赤く発光する。内視鏡下でこの光を頼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン