/

この記事は会員限定です

大気に漂う微細プラ 健康への影響、本格調査へ

編集委員 青木慎一 

[有料会員限定]

プラスチックごみによる海洋汚染が深刻化するなか、微細な「マイクロプラスチック」が大気を漂っていることがわかり、生態系や人体への影響が懸念され始めた。国内外の研究で、人里から離れた自然保護区や高山地帯などでも見つかり、汚染は地球全体に広がる。呼吸で吸い込んで肺に残れば、健康リスクの可能性もある。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

「新宿(の屋外)で1日過ごせば、70個ほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1837文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン