/

この記事は会員限定です

合理的バブルの理論(8) 危うい均衡が崩壊するとき

一橋大学准教授 陣内了

[有料会員限定]

前回、バブルの膨張スピードと利子率の間には一定の関係があることを説明しました。利子率が高い時にはバブルの膨張スピードも速くなります。「無裁定条件」と呼ばれる関係が成り立つからです。

このロジックによると、利子率が非常に高い場合、バブルは急激に膨張します。指数関数的に大きくなり、いずれ経済で支えきれないくらいの大きさになります。合理性が支配する新古典派の世界では、そのような資産は初めから誰も買いま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り648文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

やさしい経済学

ニュースなどで注目される経済学の最新トレンドを、気鋭の学者や有識者がわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン