/

この記事は会員限定です

アジア安定へ新戦略を 対中国、安保連携を急げ

新政権に問う(4)

[有料会員限定]

アジアの安全保障情勢は、緊張が高まっている。中国の軍拡で台湾海峡と南シナ海は緊張し、北朝鮮は核ミサイルを増産し続ける。極東ではロシア軍もうごめく。

これら核保有国に囲まれた日本は、世界で最も危険な場所にある。岸田政権はこの現実を踏まえ、外交・防衛政策の基本方針にあたる「国家安全保障戦略」を改定する方針だ。

いまの戦略が定められたのは約8年前である。その後の変化を反映し、新たな戦略づくりを急ぐときだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り872文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン