/

この記事は会員限定です

世田谷パブリックシアター「彼女を笑う人がいても」

[有料会員限定]

戦後日本の分水嶺となった60年安保から60年あまり。未解決問題に光をあて、現代を照射する意欲作だ。近年活躍めざましい瀬戸山美咲の作。

当時と現代、苦悩するふたりの新聞記者を軸にドラマは行き来する。震災後も故郷東北に帰れない避難家族を取材する記者は、意に沿わぬ配置換えに。やはり記者だった祖父が60年安保を取材したのち、タクシー運転手になったのはなぜか。ノートから謎を追跡するうち、運動で落命した女子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン